HOME > ブログ

ブログ

通常国会閉会

2013年06月28日

 通常国会が閉会となりました。
 昨年の総選挙で143名の同期は5人になりましたが、その分、私の出番も増えました。今国会では、本会議討論1回、NHKテレビ入りを含む予算委員会3回、同分科会2回、厚生労働委員会5回、消費者特別委員会3回、決算委員会分科会1回の合計15回の質問に立ちました。
 私としては、2期目の国会での活動に手応えを感じていますし、地域を回っていても、「大西さんには頑張って欲しい」というありがたい励ましの声をたくさんいただいています。一方で、「民主党はねぇ・・」という言葉も多くいただきます。
 「党は党、自分は自分」と地道に頑張るしかないと思う一方、「自分を信じること、民主党を信じることからもう一度始めたい」と思っています。
 党勢は依然、たいへん厳しい状態が続いており、党改革・再生は、道半ばですが、私は、一番困難な時に逃げ出すのではなく、この難局を切り拓いていきたいと思っています。
 「民主党は終わった。」という人がいますが、私はそうは思いません。民主党には、まず、人材がいます、多くの仲間がいます、支えてくれる応援団がいます。民主党には、与党を経験した唯一の野党として、果たすべき責任と役割があります。
 欧州では、自由主義経済のひずみを直し、国際協調を旨とする「社会民主主義」路線を掲げる政党が、有力な政治勢力として存在するのが普通です。また、かつての自民党には、吉田茂元首相の軽軍備・経済重視路線の保守リベラルが存在しましたが、現在の新自由主義路線、タカ派の自民党に違和感を覚える人も多くいます。
 郵政選挙で民主党が大敗した時、2009年の政権交代を予想する人は誰もいませんでした。第一次安倍政権が退陣した時、安倍首相が今のような形で政権に返り咲くことは想像できませんでした。国民は、2009年、そして2012年、自らの一票で政権を代えることができることを証明しました。野党に、きちっとした受け皿ができれば必ずまたチャンスは来ます。小選挙区制とはそういう仕組みです。その時に備えて、私も「個の力」を高めていきたいと思います。

カテゴリー: ブログ 

ページの先頭へ